私たちとしゃべる、 搭載 ライブチャット

ETCN

ETCN へようこそ - 中国トップの CNC 加工サービスプロバイダー
描画によるカスタマイズ
CNC機械加工サービス
金属加工
便利なリンク

旋盤用ツールホルダーの種類

旋盤用ツールホルダーとは何ですか?

パワータレットツールホルダー (a) ツールホルダーのプロファイル。 (b) 伝送模式図
パワータレットツールホルダー (a) ツールホルダーのプロファイル。 (b) 伝送模式図

旋盤工具ホルダー 機械加工中に切削工具を所定の位置に固定して保持するため、旋削加工には不可欠です。これらのホルダーにはさまざまな形状とサイズがあり、その主な機能は、ワークピースの作業中に切削工具が安定して固定された状態を維持できるようにすることです。旋盤ツールホルダーは旋盤のクロススライドに取り付けることで機能し、オペレーターが加工中に切削ツールを調整および移動できるようにします。

旋盤ツールホルダーの基本を理解する

旋盤ツール ホルダーには、シャンクとツール ブロックという 2 つの主要な部分があります。脚は旋盤のクロススライドに取り付けられ、ツールブロックは切削工具の安全なベースを提供します。ツールブロックの形状とサイズは使用するツールによって異なり、単一または複数の切削ツールを保持できます。

旋盤ツールホルダーはどのように機能しますか?

旋盤工具ホルダーは、加工中に切削工具を所定の位置に安全に保ちます。これらはクイックリリースシステムで構成されており、オペレータは加工中に切削工具を素早く切り替えることができます。オペレータは旋盤のクロススライド上のホルダーの位置を調整することで、ワークの仕様に基づいて切削工具を調整できます。

旋盤ツールホルダーが機械加工において重要なのはなぜですか?

旋盤ツールホルダーは、金属加工の精度と精度を達成する上で重要な役割を果たします。切削工具を正確に位置決めし、所定の位置にしっかりと保持することで、オペレーターはワークピースに一貫した切削を施すことができ、工具のビビリや滑りのリスクを軽減できます。その結果、最終製品の品質が向上し、材料の無駄が削減されます。

さまざまなタイプの旋盤ツール ホルダーを調べる

旋盤工具ホルダには、標準工具ホルダ、ボーリングバーホルダ、突切り工具ホルダ、ローレット工具ホルダなど多数あります。これらは、保持する切削工具の種類と、設計された加工プロセスによって異なります。標準ツール ホルダーは最も一般的に使用されており、汎用ツール ホルダーとクイック チェンジ ツール ホルダーの 2 つのタイプがあります。逆に、ボーリングバーホルダはワークに貫通穴をあけるときに使用します。突切りツールホルダーは、ワークを斜めの位置で切断できるように設計されています。最後に、ローレット加工ツール ホルダーは、円筒形の物体に正確にローレット加工を施すことを目的としています。

旋盤用ツールホルダーを使用するメリットは何ですか?

旋盤ツール ホルダーを使用すると、使いやすさ、利便性、コスト削減の可能性など、いくつかの利点が得られます。これらにより、加工中の切削工具の交換プロセスが簡素化され、工具の位置決めと調整に必要な時間が最小限に抑えられます。さらに、旋盤ツール ホルダーは、オペレーターが一貫した正確な切断を実現するのに役立ち、再加工の必要性や材料の無駄を削減します。全体として、旋盤ツール ホルダーは、金属加工に携わる企業の生産性と効率を向上させ、利益を最大化するのに役立ちます。

旋盤ツールホルダーにはどのような種類がありますか?

さまざまなタイプの旋盤ツールホルダー
さまざまなタイプの旋盤ツールホルダー
画像出典:https://toolholderexchange.com/

クイックチェンジ刃物台の紹介

クイックチェンジ刃物台は、旋盤での切削工具の交換プロセスを簡素化するように設計されています。従来のツールホルダーでは、切削工具の取り外しと交換に多大な時間と労力が必要であり、その結果、ダウンタイムが長くなり、生産性が低下する可能性があります。クイックチェンジ刃物台は、オペレーターが工具ホルダー全体を取り外さずに切削工具を迅速かつ簡単に交換できるようにすることで、この問題を解決します。

ウェッジタイプのクイックチェンジツールホルダーを探索する

くさび型クイックチェンジツールホルダーは、くさび型のロック機構を使用して切削工具を所定の位置に固定します。これらのツール ホルダーには通常、さまざまな切削工具に対応する複数のスロットがあり、迅速かつ簡単に交換できます。ウェッジタイプのクイックチェンジツールホルダーの主な利点の 1 つは、そのシンプルさと使いやすさです。ただし、多くの場合、他のタイプのツール ホルダーよりも剛性が低いため、加工精度が低下する可能性があります。

ピストン式クイックチェンジツールホルダーについて

ピストンタイプのクイックチェンジツールホルダーは、油圧または空気圧ピストンを使用して切削工具を所定の位置にロックします。くさび型ホルダに比べて剛性と再現性が高く、より高い加工精度を実現します。ただし、他のツール ホルダーに比べて操作やメンテナンスが複雑になる場合があります。また、ピストン タイプのホルダーはウェッジ タイプのホルダーよりも高価であるため、小規模な製造作業では利用しにくくなっています。

刃先交換式インサートツールホルダーの概要

刃先交換式インサートツールホルダーは、取り外し可能な超硬またはセラミックインサートを使用して切削工具を保持します。インサートはクランプ機構で所定の位置に保持されており、摩耗または損傷した場合は簡単に交換できます。刃先交換式インサートツールホルダーは、デバイス全体を交換するのではなくインサートを個別に交換できるため、従来の超硬ソリッド切削工具に比べて大幅なコスト削減を実現します。さらに、刃先交換式インサートツールホルダーは、さまざまな切削用途に異なるタイプのインサートを使用できるため、より多用途性を提供します。

各種ツールホルダーの比較

旋盤用のツールホルダーを選択する際には、さまざまな要素を考慮する必要があります。ウェッジタイプのクイックチェンジツールホルダーは、小規模な製造作業や予算が限られている場合に適しています。操作が簡単で、工具の交換が迅速に行えますが、他のホルダーに比べて剛性が低くなります。ピストンタイプのクイックチェンジツールホルダーは、より高い精度と再現性を提供しますが、より高価であり、より多くのメンテナンスが必要です。刃先交換式インサート工具ホルダーは、最も優れた多用途性、コスト削減、精度を提供するため、さまざまな切削用途を伴う大規模製造工程で人気の選択肢となっています。最終的には、お客様の具体的なニーズと予算に応じて決定します。

プロジェクトに適した旋盤ツール ホルダーを選択するにはどうすればよいですか?

プロジェクトに適した旋盤ツール ホルダーを選択するにはどうすればよいですか?

旋盤の種類を検討する

特定のプロジェクトに使用される旋盤のタイプは、適切なツール ホルダーを選択する際に重要な役割を果たします。エンジン旋盤、タレット旋盤、CNC 旋盤は、さまざまな用途で使用される一般的な旋盤です。たとえば、エンジン旋盤では通常、クイックチェンジ刃物台が使用されますが、CNC 旋盤では異なる種類の工具ホルダーが必要です。特定のプロジェクトに適切なツールホルダーを選択するには、使用される旋盤の種類を理解することが不可欠です。

使用される切削工具を理解する

特定の旋盤プロジェクトで使用される切削工具によって、必要な工具ホルダーのタイプも決まります。さまざまな切削工具にはさまざまな形状とサイズがあり、それらをしっかりと正確に保持するには工具ホルダーが必要です。たとえば、突切りツールにはフェーシングツールとは別のツールホルダーが必要です。したがって、適切なツールホルダーを選択するには、特定のプロジェクトに必要な切削工具を理解することが重要です。

ツールホルダーを旋盤刃物台に合わせる

工具ホルダーと旋盤刃物台の適合は、工具ホルダーと機械の不必要な磨耗を防ぐために非常に重要です。さまざまなタイプの刃物台には特定の工具ホルダーが必要であり、それらが一致しないとエンジンが損傷する可能性があります。たとえば、クイックチェンジ刃物台にはクイックチェンジ工具ホルダが必要です。したがって、複雑化を避けるために、ツールホルダーが刃物台と一致していることを確認することが重要です。

必要な工具交換速度を決定する

望ましい工具交換速度も、適切な工具ホルダを選択する際の重要な要素です。工具ホルダの種類が異なると工具交換速度が異なり、間違った工具ホルダを選択すると、プロジェクトの遅延や生産性の低下につながる可能性があります。クイックチェンジツールホルダーは迅速なツール交換が必要な用途に最適ですが、従来のツールホルダーは頻繁なツール交換を必要としない作業に適しています。

さまざまなツールホルダーの費用対効果を評価する

最後に、特定のプロジェクトに適切なツール ホルダーを選択するには、さまざまなツール ホルダーの費用対効果を評価することが重要です。一部のツール ホルダーはより多くの機能と利点を備えていますが、コストが高くなる場合があります。対照的に、他のツール ホルダーは安価で、提供される機能が少ない場合があります。したがって、プロジェクトの要件と予算の制約に基づいて、さまざまなツールホルダーの費用対効果を評価することが不可欠です。

ツールホルダーで一般的に使用される旋盤工具は何ですか?

パラメータ 説明 代表的な範囲 パフォーマンスへの影響
工具の長さ 剛性と振動減衰に影響を与える 80mm~150mm 工具が長いと振動が大きくなり、精度に影響を与える可能性があります。
直径 工具の強度と取り扱うワークの最小サイズに影響します 8mm~32mm 直径が小さく強度は劣りますが、より小さなワークピースに対応できます
ツールの機能を決定します スクエア、ダイヤモンド、ラウンド 荒加工には四角、仕上げにはダイヤモンド、輪郭加工には丸
材料 耐久性と費用対効果を決める ハイス、超硬、セラミック、ダイヤモンド 超硬は耐久性とコストのバランスが取れています
刃先角度 工具の切れ味を決める 30°~60° 角度が小さいほど精度は向上しますが、強度は低下します
逃げ角/逃げ角 ツールヒールがワークに擦れるのを防ぎます 6°~8° 摩擦と熱を低減し、工具寿命を延ばします。
すくい角 切りくずの流れと切削抵抗に影響を与える -10°~+30° ポジティブすくい角で切削抵抗を低減、ネガティブすくい角で切れ刃を強化
ノーズ半径 仕上がりの滑らかさに影響する 0.2mm~1.2mm 半径が大きいほど滑らかな仕上げが得られますが、より高い切削抵抗が必要になります。
チップブレーカ 切りくずの流れを制御し、切削抵抗を低減します 素材により異なります 効率的な切りくず分断により切削抵抗が低減され、仕上げ面が向上します。

安全上のご注意: 工具を確実に保持し、適切な個人用保護具 (PPE) を使用し、安全な操作距離を維持してください。

メンテナンス要件: 定期的な清掃、摩耗検査、適切な保管により、工具の寿命と効率が向上します。

超硬インサートツールの探索

超硬インサート工具は、超硬材料で作られた交換可能なインサートを備えた旋盤工具の一種です。これらの工具は、その優れた切削性能、工具寿命の延長、使いやすさにより、機械工に好まれています。超硬インサートはホルダーに固定されているため、切れ味が鈍くなった場合でも素早く簡単に交換できます。超硬インサート工具は旋削加工、フェーシング加工、ボーリング加工に適しており、さまざまな加工用途に合わせてさまざまな形状とサイズが用意されています。

刃先交換式超硬旋削工具セットの概要

刃先交換式超硬旋削工具セットは、さらに優れた多用途性を提供するもう 1 つの超硬インサート工具です。これらのセットは、必要に応じて回転させて新しい切れ刃を露出させることができる複数のインサートで構成されています。これにより、機械工は工具を停止したり交換したりすることなく、さまざまな旋削作業を実行できます。多くの機械工は、利便性と時間の節約のため、刃先交換式超硬旋削工具セットを好みます。

ボーリングバーの使用について理解する

ボーリングバーは、材料に穴を開けるために特別に設計された旋盤工具の一種です。これらのツールは、ツール ホルダーに固定されたシャンクと、必要なサイズのスポットを作成するために延長できる調整可能なカッティング ヘッドを備えています。ボーリングバーには、ストレートボーリングバー、オフセットボーリングバー、調整可能なヘッド付きボーリングバーなど、さまざまなデザインが用意されています。これらの工具は材料に正確な穴を開けるために不可欠であり、エンジン、ギア、ベアリングの製造によく使用されます。

さまざまなタイプのドリルチャックを調べる

ドリル チャックは、ツール ホルダーとともによく使用される別のタイプの旋盤工具です。これらのツールは、穴あけ作業のためにドリルビットを安全かつ正確に保持できるように設計されています。ドリルチャックは、ツールホルダーに固定されたシャンクと、ドリルビットの周りを締め付けてドリルビットを所定の位置に保持できる機構で構成されています。キー付きチャックやキーレスチャックなど、さまざまなタイプのドリルチャックが用意されています。キーレス チャックはビット交換を迅速かつ簡単に行うのに便利ですが、キー付きチャックは過酷な穴あけ用途にビットをより確実にグリップします。

読むことをお勧めします: ボーリングバー旋盤: 知っておくべきことすべて

旋盤ツールホルダーの適切なメンテナンスと手入れ方法は?

旋盤ツールホルダーの適切なメンテナンスと手入れ方法は?

ツールホルダーの清掃と注油

ツールホルダーの最適な性能を確保するには、定期的にクリーニングと潤滑を行うことが重要です。洗浄液と清潔な布を使用して、ツール ホルダーの表面からほこり、汚れ、または破片を取り除きます。洗浄後、腐食を防止し、摩擦を軽減し、全体的な性能を向上させるために、ホルダーに薄い潤滑剤の層を塗布します。間違ったオイルを使用すると、ホルダーが損傷する可能性があるため、必ず特定のツールホルダーに適切なオイルを使用してください。

ツールホルダーの磨耗や損傷の検査

ツールホルダーを定期的に検査することは、ツールホルダーのメンテナンスと手入れにおけるもう 1 つの重要なステップです。ホルダーに亀裂、欠け、変形などの摩耗の兆候がないかどうかを検査します。ホルダーが損傷すると、性能の低下、加工プロセスの不正確さ、さらにはオペレータの怪我につながる可能性があります。摩耗や損傷が見つかった場合は、直ちにツールホルダーを交換してください。

工具交換時の予防措置

工具交換時には、工具ホルダーの損傷を避けるために適切な予防措置を講じることが重要です。工具の取り外し、取り付けの際は、ホルダーに過度な力がかからないよう、正しいレンチや器具を使用してください。ホルダーを締めすぎたり締めすぎたりすると、損傷につながる可能性があるため、注意してください。また、ホルダーの落下や誤った取り扱いはケガや変形の原因となりますので、取り扱いには十分ご注意ください。

ツールホルダーを使用しないときの保管方法

ツールホルダーを使用しないときに適切に保管することも、ツールホルダーの寿命と性能にとって重要です。ホルダーは乾燥した清潔で安全な場所、できれば専用のツール ホルダー ラックに保管してください。腐食やその他の損傷を引き起こす可能性があるため、ホルダーを極端な温度、湿度、湿気にさらさないでください。また、ホルダーは常に潰れたり、曲がったり、衝撃を与えないような場所に保管してください。

必要に応じてツールホルダーを交換する

適切なメンテナンスと手入れを行っていても、時間の経過とともにツール ホルダーの交換が必要になる場合があります。摩耗や損傷の兆候がないか常に注意し、欠陥が見つかった場合は直ちにホルダーを交換してください。ホルダを交換する場合は、旋盤の機械や用途に応じて適切なホルダを選択してください。間違ったホルダーを使用すると、性能の低下、加工プロセスの不正確さ、さらには安全上の問題が発生する可能性があります。

読むことをお勧めします: 旋削工具とは何ですか?

よくある質問

よくある質問

Q: 旋盤ツールホルダーにはどのような種類がありますか?

A: さまざまな種類の旋盤工具ホルダには、刃物台、クイックチェンジ刃物台、ピストンタイプのラピッドチェンジツールホルダ、ウェッジタイプのラピッドチェンジツールホルダ、および刃先交換式インサートツールホルダなどがあります。

Q: 旋盤ツールホルダーの目的は何ですか?

A: 旋盤ツールホルダーは切削工具やインサートをしっかりと保持するために使用され、正確な位置に配置してさまざまな加工作業に使用できるようにします。

Q: クイックチェンジツールポストはどのように機能しますか?

A: クイックチェンジ刃物台は、迅速かつ簡単に工具を交換できるように設計されています。通常、旋盤の複合レストに取り付けるベースと、床に素早くクランプできるツール ホルダーで構成されます。

Q: 刃先交換式超硬旋削工具を使用する利点は何ですか?

A: 刃先交換式超硬旋削工具には、工具寿命の延長、セットアップ時間の短縮、切削性能の向上など、いくつかの利点があります。また、ツールを簡単かつ迅速に交換できます。

Q: 旋盤ツールホルダーは CNC 旋盤で使用できますか?

A: はい、旋盤ツールホルダーは CNC 旋盤で使用できます。ただし、ツール ホルダーと CNC 旋盤のツール タレットまたはチェンジャーの間の互換性を確保することが重要です。

Q: 刃物台とツールホルダーの違いは何ですか?

A: 刃物台は工具ホルダーを保持する取り付け機構であり、工具ホルダーは切削工具またはインサートを備えたコンポーネントです。ツールホルダーは刃物台に挿入され、確実に取り付けられます。

Q: 旋盤ツールホルダーではどのような切削工具が使用できますか?

A: 旋盤工具ホルダーは、旋削工具、ボーリングバー、溝入れ工具、ねじ切り工具、ローレット工具など、さまざまな切削工具に対応できます。

Q: 旋盤ツールホルダーにはさまざまなサイズがありますか?

A: はい、旋盤ツール ホルダーは、さまざまな旋盤スピンドルや工具要件に対応できるよう、さまざまなサイズでご利用いただけます。特定の旋盤に適したサイズのツール ホルダーを選択することが重要です。

Q: ウェッジタイプのツールホルダーはどのように機能しますか?

A: ウェッジタイプのツールホルダは、ウェッジ機構を使用して切削工具やインサートをしっかりと保持します。ウェッジを締めるとデバイスがクランプされ、ツールを交換するためにすぐに解放できます。

Q: 旋盤ツールホルダーはどこで購入できますか?

A: 旋盤ツール ホルダーは、さまざまな産業用ツールのサプライヤーからオンラインまたはオフラインで購入できます。業界で人気のあるブランドには、Accusize Industrial Tools や National Machine Tool Builders などがあります。

ETCN のサービス
最近投稿された
梁亭について
ティン・リャン氏 - CEO

25年の機械加工経験と旋盤加工、熱処理工程、金属粒子組織の専門知識を持ち、フライス加工、研削盤加工、クランプ、製品加工技術、正確な寸法公差を実現します。

ETCN へのお問い合わせ
表单提交
トップにスクロールします
表单提交