私たちとしゃべる、 搭載 ライブチャット

ETCN

ETCN へようこそ - 中国トップの CNC 加工サービスプロバイダー
描画によるカスタマイズ
CNC機械加工サービス
金属加工
便利なリンク

ウレタンとシリコンの鋳造

ウレタン&シリコン鋳造の秘密を知ろう!

キャスティングの知識を次のレベルに引き上げる準備はできていますか? ETCN は、ウレタンとシリコンの鋳造の複雑さについての包括的なガイドを作成しました。私たちのガイドは、ポリウレタン樹脂から射出成形や圧縮成形まで、知っておくべきことをすべて網羅しています。

  • ETCN のウレタンおよびシリコン鋳造ガイドで、知っておくべきことをすべて発見してください

に関する包括的な情報をお探しですか? ウレタンとシリコンのキャスト? ETCN のウレタンおよびシリコン鋳造ガイド以外に探す必要はありません。すべての基本を学び、さまざまな材料やアプリケーションなどの操作についての洞察を得ることができます。わかりやすいガイドで情報を素早く簡単に入手して、生産プロセスを次のレベルに引き上げましょう。 ETCN を今すぐ始めましょう!

ウレタンとシリコンの鋳造

プラズマ切断サービスの標準仕様一覧表

仕様ウレタン鋳物シリコン鋳造
材料の種類ポリウレタンシリコーンゴム
硬度30A~90D10A~70A
抗張力500 ~ 12,000 PSI300 ~ 1,500 PSI
伸長150%~800%100%~600%
引裂き抵抗50~400PLI20~100PLI
様々な自然
部品サイズ最大 3 フィート x 3 フィート x 2 フィート最大 2 フィート x 2 フィート x 2 フィート
壁の厚さ0.030~6インチ0.010~1インチ
表面仕上げ滑らかまたはテクスチャーのある光沢のあるまたはマットな
生産量低~中量の実行低~中量の実行
リードタイム通常の納期は 2 ~ 4 週間通常の納期は 2 ~ 4 週間
特定の要件はプロジェクトによって異なる場合があるため、これらは単なる一般的な仕様です。
ウレタン・シリコンキャストとは何ですか?
  • ウレタン・シリコンキャストとは何ですか?

ウレタンおよびシリコン キャスティングは、複雑な形状や細かいディテールを備えた高品質で少量の部品を作成する場合に人気があります。どちらの方法でも、液体材料を型に注ぎ、硬化または硬化させ、完成した部品を取り除きます。

どちらの鋳造方法にも、納期が短く、コストが低く、複雑な細部を備えた部品を製造できるなどの利点があります。 2 つの方法のどちらを選択するかは、最終製品の望ましい特性、金型の複雑さ、必要な部品の量などの要因によって異なります。

カスタムウレタンおよびシリコン鋳造部品の展示

期待を超えるウレタン&シリコン鋳造サービス

ETCNは、お客様の期待を超える、信頼性の高い高品質のウレタンおよびシリコン鋳造サービスを提供します。当社は、最も厳しい品質、精度、均一性、安全性、耐久性の要件を満たす製品を製造しています。当社の鋳造サービスは、短納期から大量注文まで競争力のある価格でご利用いただけます。当社のサービスの詳細については、今すぐお問い合わせください。

2023 プロフェッショナルガイド

ウレタン・シリコンキャストとは何ですか?

ウレタン・シリコンキャストとは何ですか?

ウレタンおよびシリコン キャスティングは、複雑な形状と細かいディテールを備えた高品質で少量の部品を作成するための 2 つの一般的な方法です。これらの方法には、液体材料を型に注ぎ、硬化または硬化させ、完成した部品を取り出すことが含まれます。

定義と説明

ウレタンキャスティングは、二液性の液体ポリマー樹脂をシリコンまたは金属の型に注入して使用する製造プロセスです。樹脂は室温で硬化し、丈夫で耐久性のある部品を形成します。この部品は、研磨、塗装、仕上げを行って、希望の外観と質感を実現できます。ウレタンキャストプロセスは、複雑なディテールを備えた高品質な部品を迅速に生産できます。

シリコーンキャスティングとは、液状のシリコーンゴムを型に流し込んで硬化させる製造プロセスです。得られる部品は柔軟性、耐久性、耐熱性、耐薬品性に優れています。シリコーン鋳造プロセスでは、医療機器、補綴物、映画やテレビの特殊効果用の部品を作成できます。

ウレタン鋳造とシリコン鋳造のメリット

ウレタンおよびシリコンのキャスティング方法はどちらも、他の製造プロセスと比較していくつかの利点があります。最も重要な利点の 1 つは、複雑な詳細と複雑な形状の部品を作成できることです。これらの鋳造法により、寸法精度に優れた高品質な部品の製造が可能になります。

ウレタンおよびシリコン鋳造のもう 1 つの利点は、少量部品の製造におけるコスト効率の良さです。これらの方法は次のような場合に最適です プロトタイピング、製品テスト、医療機器、自動車部品、消費者製品の部品の短期生産。他の製造方法と比較して、射出成形、ウレタン、シリコン鋳造は工具コストが低いため、小型部品の製造に最適です。

ウレタン鋳物の用途

ウレタン鋳造はさまざまな業界で幅広い用途に使用されています。人気のあるアプリケーションの 1 つは、量産前に製品の設計と機能をテストするために使用されるプロトタイピングです。ウレタン鋳造のもう 1 つの用途は、高い精度と精度が要求される医療機器、自動車部品、消費者製品の部品の短期生産です。

ウレタン鋳造は、建築模型や装飾芸術にも使用され、カスタムモールディングの作成や彫刻の鋳造などに使用されます。このプロセスにより、設計の柔軟性が向上し、さまざまな質感や仕上げの部品を製造できます。

シリコン鋳造の応用例

シリコーン鋳造は、医療業界で補綴物や矯正器具、映画やテレビの特殊効果用の型を製造するために一般的に使用されています。シリコーンゴムの柔軟性、耐久性、耐熱性、耐薬品性などの特性により、高い精度と快適性が求められる皮膚や身体部位の作成に最適です。

シリコーン鋳造は、工業用ローラー、ギア、ガスケットなど、優れた耐摩耗性が要求される製品の製造にも使用されます。このプロセスには正確で正確な部品も含まれるため、小さく複雑な細部の製造に適しています。

ウレタン鋳造とシリコン鋳造のメリットとデメリット

ウレタンおよびシリコンの鋳造には、納期の短縮、低コスト、複雑な細部を備えた部品の製造能力など、いくつかの利点があります。他の製造方法と比較して、ウレタンおよびシリコン鋳造は工具コストが低いため、小さな部品を作成するのに最適です。これらの方法により、完璧な寸法精度で高品質の部品を製造することもできます。

ただし、これらの方法には、大量の部品を迅速に製造できないなどの制限があります。鋳造プロセスで使用される金型には寿命があり、定期的なメンテナンスと交換が必要です。鋳造プロセスにも、安定した品質を確保するために熟練した労働力が必要です。

結論として、ウレタンおよびシリコン キャスティングは、複雑な形状と細かいディテールを備えた高品質かつ少量の部品を生産するための一般的な方法です。これらの鋳造方法には、納期の短縮、低コスト、複雑な細部を備えた部品の製造能力など、いくつかの利点があります。ウレタン鋳造とシリコン鋳造のどちらを選択するかは、最終製品の望ましい特性、金型の複雑さ、必要な部品の量などの要因によって異なります。

ウレタン鋳造とシリコン鋳造

複雑な部品や詳細な部品を少量で作成する場合、ウレタン キャスティングとシリコン キャスティングという 2 つの一般的な方法が思い浮かびます。どちらのプロセスにも、液体材料を型に注入し、硬化させ、完成した部品を取り出すことが含まれます。ただし、2 つの技術間のいくつかの大きな違いは、完成品の特性に影響を与えます。この記事では、ウレタン キャストとシリコン キャストの違いを探り、プロジェクトに最適なプロセスを理解するのに役立ちます。

 

鋳造工程の違い

ウレタン鋳造とシリコン鋳造の最も大きな違いの1つは、型に使用される材料です。ウレタン鋳造では通常シリコンや金属の型を使用しますが、シリコン鋳造ではワックスなどの溶けやすい素材で作られた型を使用します。この金型の材質の違いは、使用できる金型の複雑さ、最終部品の精度、必要な鋳造後の処理に影響します。

 

ウレタン・シリコン鋳造に使用される材質

ウレタン キャスティングでは、2 液性ポリマー樹脂を使用して、良好な表面仕上げを備えた頑丈で耐久性のある部品を製造します。この樹脂は室温で硬化し、研磨、塗装、仕上げを行って、希望の外観と質感を実現できます。一方、シリコーンキャスティングは液状シリコーンゴムを使用するため、柔軟性、耐久性、耐熱性、耐薬品性に優れた部品が得られます。これにより、シリコーン キャスト部品は、補綴物、医療機器、映画やテレビの特殊効果など、さまざまな用途に適したものになります。

 

ウレタン・シリコン鋳造の加工性と耐久性

ウレタン鋳造により、高い強度、靱性、寸法安定性を備えた部品が得られます。これらの材料は機械加工、塗装、仕上げが容易で、プロトタイプ、製品テスト、短期間の生産部品の作成に最適です。これに対し、シリコンキャストパーツは柔軟性が高く、折れることなく伸ばすことができるため、皮膚状補綴物などの変形や曲げが必要な部位に適しています。

 

ウレタンおよびシリコンキャスト部品の最終用途特性

ウレタン鋳造とシリコン鋳造のどちらを選択するかは、最終的には完成部品に求める特性によって決まります。ウレタンキャストロールは、高精度で優れた表面仕上げを備えた複雑で耐久性のある部品を製造するのに最適です。一方、シリコーンリリースレポートは、柔軟性があり、耐引裂性、伸縮性に優れており、需要が高いシリコーンリリースオンです。

 

価格設定と AvaSilicone が、ウレタンおよびシリコンの鋳造サービスが利用できないとの報告を発表

ウレタン キャスティング サービスとシリコン キャスティング サービスのどちらかを選択する際に考慮すべき要素の 1 つは、各方法の価格と利用可能性です。ウレタン鋳造サービスは一般的にシリコン鋳造サービスよりも広く利用可能であり、安価です。ウレタン鋳造はより簡単なプロセスでもあるため、通常、部品の納期はシリコン鋳造よりも短くなります。

結論として、ウレタンおよびシリコンの鋳造法は、さまざまな用途に独自の利点をもたらします。プロジェクトに適切なプランの選択は、最終部品に求める特性、金型の複雑さ、必要なフィーチャの量によって異なります。鋳造プロセス、使用される材料、作業性と耐久性、最終用途の特性、価格の違いを比較することで、プロジェクトに最適な鋳造方法を決定することができます。

ウレタンとシリコンの鋳造はどのように機能しますか?

ウレタンとシリコンの鋳造はどのように機能しますか?

ウレタンとシリコンの鋳造は、複雑な形状や細かいディテールを備えた高品質かつ少量の部品を作成することで有名です。どちらの方法でも、液体材料を型に注ぎ、硬化または硬化させ、完成した部品を取り外す必要があります。 

ウレタン鋳造工程

ウレタン キャスティングでは、2 液状のポリマー樹脂をシリコーンまたは金属の型に流し込みます。樹脂は室温で硬化し、丈夫で耐久性のある部品を形成します。この部品をサンディング、塗装、仕上げして希望の外観と質感を実現できます。ウレタン鋳造は、医療機器、自動車部品、消費者製品など、さまざまな業界のプロトタイピング、製品テスト、短期部品の生産に使用されます。

シリコン鋳造プロセス

シリコーンキャスティングでは、液体シリコーンゴムを型に注ぎ、硬化させる必要があります。得られる部品は柔軟性があり、耐久性があり、熱や化学薬品にも耐性があります。この方法は部品を優れた精度で製造するため、医療機器、補綴物、映画やテレビの特殊効果用の部品の作成によく使用されます。

ウレタンおよびシリコン鋳造用のマスター パターンと金型の作成

ウレタンおよびシリコン鋳造の場合、高品質の完成品を実現するには、マスター パターンと金型の作成が不可欠です。マスター パターンは、金属やプラスチックなどの耐久性のある素材で作られた、正確な詳細と寸法を備えた最終部品のレプリカです。次に、マスターパターンを使用してツールを作成し、金型を作成します。使用する鋳造材料に応じて、工具はシリコーンゴムまたは他の適切な材料で作られる場合があります。

ウレタンおよびシリコン鋳造の CNC 機械加工および鋳造作業

CNC加工 ウレタンやシリコンの鋳造用のマスター パターンとツールを作成するためによく使用されます。 CNC 加工により、正確な詳細と寸法が実現され、完成品の品質が向上します。鋳造作業には、材料を型に流し込み、硬化させ、完成した部品を取り出すことが含まれます。

ウレタンおよびシリコン鋳造部品の鋳造後の硬化および仕上げ

鋳造後、部品には鋳造後硬化が必要な場合があります。これには、領域の特性を向上させるために追加の硬化時間や熱処理が必要になります。鋳造後の仕上げには、望ましい質感、色、外観を実現するために、サンディング、研磨、または塗装が含まれる場合があります。ウレタン、シリコンキャストパーツをご希望の仕様に仕上げます。

結論として、ウレタンおよびシリコンの鋳造は、細部が細かい複雑な部品を製造するための非常に汎用性の高い方法であり、少量生産の用途に役立ちます。正しい方法の選択は、プロジェクトの特定の要件と最終部分に必要なプロパティによって異なります。ウレタンおよびシリコンの鋳造では、適切な工具、機械、技術を使用して高品質の部品を製造できます。

ウレタン鋳造とシリコン鋳造のメリット

ウレタン鋳造とシリコン鋳造のメリット

ウレタンとシリコンの鋳造は、複雑な形状や細かいディテールを備えた高品質かつ少量の部品を作成することで有名です。どちらの方法でも、液体材料を型に注ぎ、硬化または硬化させ、完成した部品を取り除きます。これらの鋳造方法にはいくつかの利点があり、さまざまな業界でその人気が高まっています。 

高品質・少量生産プロセス

ウレタンおよびシリコンの鋳造法は、少量または少量生産の部品の製造に最適です。この多用途な製造プロセスにより、射出成形などの従来の製造方法では実現できない複雑なディテールを備えた幅広い機能が生み出されます。ウレタンとシリコンの鋳造により、完全な寸法精度、優れた表面仕上げ、細部のディテールを備えた高精度のマスターモデルのレプリカを作成することができます。

優れた表面仕上げと寸法精度

ウレタンおよびシリコン鋳造の大きな利点の 1 つは、最終製品の優れた表面仕上げと寸法精度を実現できることです。完成した製品は、滑らかな表面とシャープで複雑なディテールを備えており、他の製造方法では再現することが困難なことがよくあります。このレベルの精度は、特に完成品を特定のアセンブリまたはシステムに適合させる必要がある業界では非常に重要です。

プラスチック射出成形に代わるコスト効率の高い代替手段

ウレタンおよびシリコンの鋳造法は、プラスチック射出成形に代わる費用対効果の高い代替品を提供します。射出成形は大量の部品を製造する効率的な方法ですが、少量生産の場合は費用対効果が高くありません。ウレタンおよびシリコンの鋳造法は、射出成形の数分の一のコストで高品質の製品を製造できるため、少量生産に最適です。

柔軟な材料選択と構成可能な工具オプション

ウレタンおよびシリコンの鋳造方法では、柔軟な材料選択と構成可能な工具オプションが提供されます。この金型は、軟質または硬質エラストマー、硬質または軟質プラスチック、さらには金属充填樹脂など、さまざまな材料に対応できます。さらに、金型は、追加の修正、変更、またはアップグレードを組み込むために、高いコストをかけずに簡単に修正できます。

プロトタイピングおよび最終用途のアプリケーションに最適

ウレタンとシリコンのキャスティング方法はいずれも、プロトタイピングと最終用途のアプリケーションに最適です。小規模ではあるものの、射出成形で製造される部品と同様の高品質の部品が可能になります。この方法は、エンジニアリング設計のテスト、適合性と機能の評価、製造可能性の評価によって、展示前に設計を改良するのに役立つため、最終用途のアプリケーション部品の作成に最適です。

結論として、ウレタンおよびシリコン鋳造は、完璧な表面仕上げ、寸法精度を提供し、プラスチック射出成形に代わるコスト効率の高い優れた少量生産プロセスです。この方法はプロトタイピングや最終用途の用途に最適で、柔軟な材料選択と構成可能な工具オプションを提供して、高品質で複雑な部品を幅広く製造できます。低コストかつ少量生産で高品質な製品が必要な場合は、ウレタンおよびシリコンキャストが最適な製造方法です。

ウレタン・シリコンキャストの応用例

ウレタンおよびシリコン鋳造は、さまざまな業界でさまざまな用途に使用できる多用途の方法です。これらの鋳造方法は、従来の射出成形では入手が困難または高価な部品の交換に役立ちます。ウレタン鋳造は、機械、家電製品、さらには自動車の部品を置き換えることができる耐久性と寸法安定性を実現します。一方、シリコン鋳造は、医療機器や補綴物用の柔らかく柔軟な交換部品を実現できます。

交換部品に加えて、ウレタンおよびシリコン鋳造もマスター パターンやツール コンポーネントの製造に使用できます。マスター パターンは、生産前にデザインをテストして改良するために使用される最終製品のモックアップです。治具や固定具などのツーリング コンポーネントは、製造中に部品を保持して位置決めします。ウレタン キャストは、複雑な形状や詳細を作成できるため、これらの部品の製造によく使用されます。

消費者および産業用製品の製造

ウレタンおよびシリコン鋳造の多用途性と速度により、消費者製品や工業製品の少量生産に最適です。ウレタン鋳造では、射出成形部品と同様の特性と質感を備えた完成部品を、より低コストでより短い納期で製造できます。一方、シリコンキャスティングは、耐久性、耐熱性、耐薬品性に優れ、柔らかく柔軟な製品を作ることができます。

プロトタイプおよび概念実証モデルの作成

プロトタイピングは、製品の設計と開発における重要なステップです。ウレタンとシリコンの鋳造により、複雑なディテールと複雑な形状を備えたプロトタイプ モデルを迅速に作成できます。これにより、設計者やエンジニアは、高価なツールや生産プロセスに投資する前に、設計をテストして改良することができます。さらに、シリコン鋳造では、最終製品の触感や外観を模倣した部品を製造して、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

医療機器および歯科機器の鋳造

ウレタンおよびシリコンの鋳造は医療および歯科業界で広く採用されています。これらの鋳造方法は、医療用途に不可欠な高精度かつ一貫性のある部品を製造します。ウレタン キャスティングは、画像処理装置や診断装置などの医療機器に耐久性と寸法安定性をもたらします。シリコーン鋳造では、補綴物、歯科印象、矯正器具に使用される柔らかく柔軟な部品を製造できます。どちらの鋳造方法でも、患者と医療提供者にカスタマイズ オプションが提供されます。

結論として、ウレタンおよびシリコンの鋳造は、複雑な形状や細かいディテールを備えた高品質で少量の部品を作成するためにさまざまな業界で使用されている汎用性があり、コスト効率の高い方法です。これらの鋳造法の用途は、交換部品や工具コンポーネントの製造から、プロトタイプや概念実証モデル、医療機器まで多岐にわたります。メーカーは、適切な鋳造方法を選択することで、希望の特性、量、コスト要件を満たす部品を製造できます。

よくある質問

Q: ウレタンキャストやシリコンキャストとは何ですか?

A: ウレタン・シリコン鋳造とは、ウレタンやシリコンを用いて物体を成型し、その型に希望の材料を流し込んで実物のレプリカを作成する製造方法です。

Q: ウレタンキャストと射出成形の違いは何ですか?

A: ウレタン鋳造は、射出成形に代わる低コストの代替品です。高品質のプラスチック部品を少量生産できるのに対し、射出成形は金型の作成に高価なツールを使用するため、大量生産に適しています。また、ウレタン鋳造は射出成形に比べて金型の修正や調整が容易なため、設計の自由度が高くなります。

Q: ウレタンキャストを使用するメリットは何ですか?

A: ウレタン キャスティングには、高品質で複雑な部品を製造できること、低コストで製造できること、納期が短いこと、高価な工具に投資せずに少量を製造できることなど、いくつかの利点があります。ウレタン キャスティングは、プロトタイプや 3D プリンティングと量産の間のブリッジ生産にも優れたオプションです。

Q: ウレタンキャストに使用できる素材は何ですか?

A: ウレタン注型には、ポリウレタン樹脂、シリコン、ウレタン注型材など様々な素材が使用可能です。使用される材料の種類は、特定のプロジェクトの要件によって異なります。

Q: ウレタンキャストの工程はどのように行われますか?

A: ウレタンキャストとは、シリコンで原型を型取りし、その型にウレタン樹脂を流し込んで必要な数のパーツを作る工程です。樹脂が硬化したら、ディテールを金型から取り外し、トリミング、サンディング、塗装などの必要な仕上げプロセスを実行します。

Q:ウレタン鋳造におけるマスターパターンとは何ですか?

A: マスターパターンとは、ウレタン注型工程においてシリコン型を作成するために使用される元のオブジェクトです。 3D プリント、CNC 加工、または手彫りを使用して作成でき、高品質の完成品を実現するには、多くの場合、高レベルの精度と詳細が必要です。

Q: ウレタンの注型プロセスでシリコンはどのように使用されますか?

A: ウレタン成型プロセスでマスターパターンをシリコンで成形します。それをデザインの上に注ぎ、定着させ、途中でネガティブな印象を与え、最終的なパーツを作成するために使用されます。

Q: ウレタンキャストとシリコンキャストの違いは何ですか?

A: ウレタン鋳造とシリコン鋳造の主な違いは、型に使用される材料の種類です。ウレタンモールドは一般に柔軟性が低く、寿命も短くなりますが、安価です。シリコン型は柔軟性が高く、適切なケアとメンテナンスを行えば長持ちしますが、一般に製造コストが高くなります。

Q: ウレタンキャストの用途は何ですか?

A: ウレタン キャスティングは、航空宇宙、自動車、医療機器、消費財、プロトタイピングなどのさまざまな業界で一般的に使用されています。また、射出成形や真空鋳造用の金型を作成したり、美術品や映画の小道具を製作したりするためにも使用されます。

Q: 注型や射出成形でウレタンを使用するメリットとデメリットは何ですか?

A: ウレタンを鋳造や射出成形に使用する利点としては、低コストでの生産、設計の柔軟性、高品質な部品を少量で作成できることが挙げられます。欠点としては、硬化プロセス中に収縮する可能性があること、射出成形と比較して材料の選択肢が限られていることなどが挙げられます。さらに、ウレタンは、より高い耐熱性や強度が必要な特定の用途には適さない場合があります。

ETCN へのお問い合わせ

表单提交
トップにスクロールします
表单提交