私たちとしゃべる、 搭載 ライブチャット

ETCN

ETCN へようこそ - 中国トップの CNC 加工サービスプロバイダー
描画によるカスタマイズ
CNC機械加工サービス
金属加工
便利なリンク

ウォータージェット切断

ETCN でウォータージェット切断を発見してください!

材料を切断するための強力な代替手段を追加したいと考えていますか? ETCN のウォータージェット切断以外に探す必要はありません。当社のウォータージェット サービスは、コンピューター制御による高圧精度を提供し、最も硬い材料でも切断することができます。当社の最先端のテクノロジーと経験豊富なスタッフにより、常に高品質の結果を保証できます。最新の切断ソリューションを活用して、ウォータージェット切断を今すぐ発見してください。

  • ETCN のウォータージェット切断サービス ガイドで、知っておくべきことをすべて発見

ETCN で生産プロセスを次のレベルに引き上げます シートカットサービス!当社の包括的なガイドでは、効率の向上からコスト削減まで、製造業務におけるシート切断の利点をすべて概説しています。主な機能について説明し、このテクノロジーの最適な使用方法を理解できるようにお手伝いします。今すぐ始めて、ETCN でシート切断の可能性を解き放ちましょう!

ウォータージェット切断

ウォータージェット切断の標準仕様総合リスト

仕様詳細
材料の種類金属、プラスチック、石などを含むほぼすべての素材。
最大材料サイズ最大96インチ×144インチ。
シートの厚さ厚さは最大8インチ。
許容範囲+/- 0.005 インチ。
切断速度素材の種類や厚みにより異なります。
切断方法研磨性の高い純粋なウォータージェット切断。
デザインファイル形式DXF、DWG、AI、およびその他のベクター グラフィック ファイル形式。
追加サービス機械加工、穴あけ、エッチング、成形。
生産量プロトタイプから量産まで。
品質管理精度、精度、品質を保証するための検査とテスト。
これらの標準仕様により、ウォータージェット切断サービスが業界標準を満たし、さまざまな材料や用途に対して正確で高品質な切断を提供できるようになります。
ウォータージェット切断とは何ですか?
  • ウォータージェット切断とは何ですか?

ウォータージェット切断では、研磨粒子と混合した水の高圧ジェットを使用して、以下のようなほぼすべての材料を切断します。 金属, プラスチック, 、 もっと。

ウォータージェット カッターは、ノズルを通して水と研磨粒子の流れを指示し、プログラムされた設計に従って正確な切断を行います。ウォータージェット切断は、熱の影響を受ける部分のないきれいな切断を実現するため、高温に敏感な材料に最適です。

複雑な形状やデザインも高精度に切断できます。

カスタムウォータージェット切断部品のディスプレイ

期待を超えるウォータージェット切断サービス

ウォータージェット切断とは何ですか?

ウォータージェット切断とは何ですか?

ウォータージェット切断は、高圧の水流を利用してさまざまな材料を切断する非常に効果的なプロセスです。この切断方法は、その多用途性と精度によりますます人気が高まっています。この記事では、ウォータージェット切断、その仕組み、さまざまな種類のウォータージェット切断機、研磨ウォータージェット切断と純ウォータージェット切断の違い、ウォータージェット切断を使用する利点と欠点について説明します。

切断プロセスを理解する

ウォータージェット切断プロセスでは、高圧水流、または水と研磨剤の混合物を使用して材料を侵食します。水は、最大 90,000 ポンド/平方インチ (psi) に達する信じられないほどの高圧で、小さな直径のノズルから押し出されます。水が切断材料に当たると小さな切り口が形成され、正確な切断が可能になります。

ウォータージェット切断機の種類

ウォータージェット切断機には、純ウォータージェット切断と研磨ウォータージェット切断の 2 つの主なタイプがあります。純ウォータージェット切断機は、フォーム、紙、繊維などの柔らかい素材に使用されます。対照的に、研磨ウォータージェット切断機は、金属、石、ガラスなどのより複雑な材料に使用されます。

アブレイシブ切断とピュアウォータージェット切断の違い

研磨材と純粋なウォータージェット切断の主な違いは、ストリーム中に研磨材が存在することです。研磨ウォータージェット切断機は水と研磨粒子を使用して硬い材料を切断しますが、純粋なウォータージェット システムは水のみを使用します。研磨ウォータージェット切断機は、純粋なウォータージェット切断機よりも厚く密度の高い材料を切断できます。

ウォータージェット切断を使用する利点

ウォータージェット切断を使用することにはいくつかの利点があります。何よりもまず、無駄を最小限に抑えながら複雑なカットを実現できる正確なカット方法です。ウォータージェット切断は、熱を発生させない冷間切断プロセスであり、切断材料の歪みを最小限に抑えることができます。ウォータージェット切断は有害な副産物を生成しないため、環境にも優しいです。

ウォータージェット切断のデメリット

ウォータージェット切断の主な欠点の 1 つは、運用コストが高いことです。機械は高価であり、ウォーター ジェット流を生成するために高圧ポンプが必要となるため、運用コストが多額になる可能性があります。ウォータージェット切断は他の切断方法よりも時間がかかるため、一部の用途ではその有用性が制限されます。

ウォータージェット切断はどのように機能しますか?

ウォータージェット切断は、金属、石材、ガラス、複合材料などのさまざまな材料を正確かつ効率的に切断する方法です。小さなノズルを通して加速された高圧の水流を使用して材料を切断します。このプロセスは、複雑な設計と厳しい公差を必要とするアプリケーションに最適であり、航空宇宙、自動車、製造業界でよく選ばれています。

ウォータージェット切断システムのコンポーネント

ウォータージェット切断システムには、高圧ポンプ、切断ヘッド、制御システム、研磨材を保持するタンクという 4 つの重要なコンポーネントがあります。高圧ポンプは水を通常は最大 60,000 psi まで加圧します。カッティングヘッドは加圧水をワークピースに送り、制御システムは水の流量と圧力、およびカッティングヘッドの位置を制御します。研磨タンクには、水と混合されたガーネットまたはその他の研磨材が保持されており、水流の切断力が強化されます。

ウォータージェット切断砥粒はどのように添加されますか?

ウォータージェット切断システムは、切断力を高めるために研磨材を使用しています。この研磨材は通常、カッティングヘッドに入る前に加圧水と混合された細かい粒子のガーネットです。水と研磨剤の混合物はスラリーと呼ばれ、小さなオリフィスを備えたノズルを通って循環し、研磨粒子と水の狭い高速の流れを作り出します。研磨粒子と水の流れがワークピースに当たると、水が廃棄物を洗い流しながら、研磨粒子が材料を切断します。

カッティングヘッドはどのように制御されますか?

切断ヘッドはウォータージェット切断システムの最も重要なコンポーネントであり、高圧の水流をワークピースに正確に導く役割を果たします。切断ヘッドはコンピュータ数値制御 (CNC) システムによって制御され、ソフトウェアを使用して切断機構の位置と研磨スラリーの速度と流れを調整します。 CNC システムは、さまざまな材料の複雑な形状や輪郭を切断するために必要な精度と精度を提供します。

切断のために材料はどのように配置されますか?

切断される材料は切断テーブル上に置かれます。切断テーブルは通常、高圧水や研磨剤スラリーに耐えられるようにステンレス鋼で作られています。テーブルは静止している場合もあれば、正確な切断を保証するために切断ヘッドと連携して動作する場合もあります。材料はクランプまたはその他の固定具を使用して配置され、排水システムが廃棄物を除去します。

カーフとは何ですか?なぜ重要ですか?

カーフとはウォータージェット切断システムによる切断幅のことです。切り溝の幅は、カッティングヘッドのオリフィスの直径と研磨スラリーの速度と圧力によって決まります。カーフは、除去される材料の量と全体的なカットの精度に影響を与えるため、パーツを設計する際には重要な考慮事項です。流量、圧力、研磨剤含有量などのウォータージェット切断システムのパラメータを制御することにより、無駄を最小限に抑えて正確な切断を実現するようにカーフを最適化できます。

ウォータージェット切断機はどのような材料を切断できますか?

ウォータージェット切断機は多用途で比較的新しい装置であり、製造業界に革命をもたらしました。幅広い材料を効率的かつ正確に切断できるテクノロジーは、多くの企業にとってますます好まれる選択肢となっています。ただし、すべての材料をウォーター ジェットで切断できるわけではありません。この記事では、ウォータージェット切断機で切断できる材料と切断できない材料、および他の切断技術との比較について説明します。

ウォータージェット切断可能な軟質材料:

ウォータージェット切断機は、ゴム、フォーム、ガスケット、布地などの柔らかい素材を正確に切断できます。野菜や肉などの食材も切ることができます。そのため、包装、自動車、繊維産業に最適です。

ウォータージェット切断可能な硬質材料:

ウォータージェット切断のユニークな特性の 1 つは、熱損傷を引き起こすことなく、信じられないほどの精度で硬い材料を切断できることです。ウォータージェットで切断できる硬い材料の例には、スチール、アルミニウム、真鍮、 チタン、カーボンファイバーやグラスファイバーなどの複合材料も同様です。

ウォータージェット切断で切断できない材質:

ウォータージェットはさまざまな材料を切断できますが、見逃せないものもいくつかあります。強化ガラスやダイヤモンドなどの材料は複雑すぎてウォータージェットでは切断できませんが、特定の種類のセラミックや一部の硬化工具鋼などの材料は脆いため切断できません。

ウォータージェット切断と他の切断技術の比較:

ウォータージェット切断には、レーザーやレーザーなどの従来の切断技術に比べていくつかの利点があります。 プラズマ切断。熱を使用して材料を溶解または蒸発させる従来の切断技術とは異なり、ウォータージェットは高圧水を使用して材料を切断します。このため、ウォータージェット切断は熱に弱い材料の切断に最適です。さらに、ウォータージェット切断機は従来の装置に比べてセットアップにかかる時間が最小限で済むため、小規模生産に最適です。

従来の切断技術に対するウォータージェット切断の利点:

ウォータージェット切断には、従来の切断技術に比べていくつかの利点があります。たとえば、ウォータージェット切断は、有害な煙、ガス、廃棄物を一切放出しないため、環境に優しいです。さらに、ウォータージェット切断により、滑らかでバリのないエッジを生成しながら、高い精度と精度が可能になります。最後に、ウォータージェット切断は、メンテナンス要件が最小限でセットアップ時間が短いため、長期的には費用効果が高くなります。

ウォータージェット切断の精度はどのくらいですか?

ウォータージェット切断の精度はどのくらいですか?

ウォータージェット切断は、その精度により、さまざまな業界で精密切断の一般的な方法となっています。しかし、ウォータージェット切断の精度はどの程度なのでしょうか?この記事では、切断精度に影響を与える要因、測定方法、改善方法、高い精度が必要な用途、切断精度の限界について説明します。

切断精度に影響を与える要因

ウォータージェット切断の精度は、機械の精度、ノズルのサイズと形状、水圧、材料の硬度、厚さなどのいくつかの要因に影響されます。コンピューター数値制御 (CNC) ソフトウェアが機械の精度を決定し、ノズルに特定の経路と角度で切断するように指示します。ノズルのサイズと形状は、切断中の水流の量と方向を決定し、切り口の幅とテーパーに影響を与えます。水圧は、材料の切断速度、品質、厚さの均一性に影響します。材料の硬さと厚さは切断速度と精度に影響しますが、材料が硬くて厚いほど、正確に切断するにはより多くの時間と圧力が必要になります。

切断精度の測定

切断精度は、実際の切断寸法と CNC ソフトウェアで指定された意図した寸法を比較することによって測定されます。測定には、マイクロメーター、ノギス、CMM(三次元測定機)などのさまざまな方法を使用できます。精度は通常、実際の寸法と意図した寸法の差のパーセンテージとして表されます。たとえば、意図した寸法が 10mm で、正確な寸法が 9.8mm の場合、精度は 98% になります。

切断精度を向上させる方法

切断精度を向上させるために、より小さいノズル サイズの使用、水圧の増加、材料の厚さの減少、より優れた CNC ソフトウェアの使用、機械の定期的な校正など、いくつかの方法を実装できます。ノズルが小さいと切り口が薄くなり、テーパーが減少して精度が向上します。水圧を上げると材料の切断時間が短縮され、一貫性と精度が向上します。ただし、過度の水圧は材料の変形や反りを引き起こす可能性があります。より優れた CNC ソフトウェアを使用すると、切断パスの最適化が強化され、機械のドリフトが減少します。定期的な校正により、ノズルを設定し、機械の軸を調整することで、機械の精度と精度を確保します。

高い切断精度が要求される用途

ウォータージェット切断は、航空宇宙、自動車、医療産業など、高い切断精度が必要な用途でよく使用されます。航空宇宙産業では、ウォータージェット切断を使用して複合材料、金属、チタンなどの合金を正確に切断し、複雑な形状や部品を作成します。自動車産業では、ウォータージェット切断はガラス、金属、プラスチックの切断に使用され、自動車部品を高精度かつ迅速に製造します。医療分野では、ウォータージェット切断は、医療機器、インプラント、補綴物を高精度できれいなエッジで切断するために使用されます。

切断精度の限界

ウォータージェット切断の精度には利点がありますが、その精度には依然として限界があります。ルールは主に材料の厚さ、材料の硬さ、機械の精度に関係します。材料が厚く硬いと、切断に多くの時間と圧力が必要となり、精度が低下します。さらに、コンポーネントの振動、磨耗、損傷が機械の精度に影響を及ぼし、意図した経路からの逸脱を引き起こす可能性があります。

適切なウォータージェット切断機を選択するには?

適切なウォータージェット切断機を選択するには?

ウォータージェット切断機は、その多用途性と精度のおかげで、さまざまな業界の企業に人気があります。ウォータージェット切断機の購入またはレンタルを検討している場合でも、正しい選択をするために考慮すべき重要な要素がいくつかあります。この記事では、適切なウォータージェット切断機の選択について説明します。

ウォータージェット切断機を選択する際に考慮すべき要素

ウォータージェット切断機を選択する際に最初に考慮すべき要素は、ニーズに最適な切断方法の種類です。ウォータージェット切断機には、アブレイシブ ウォータージェットとピュア ウォータージェットの 2 つの主なタイプがあります。研磨ウォータージェット切断機は水と研磨粒子を使用して材料を切断しますが、純ウォータージェット切断機は水のみを使用して正確な切断を行います。

考慮すべきもう 1 つの重要な要素は、切断するワークピースのサイズです。さまざまなウォータージェット切断機が、さまざまなサイズや厚さの材料を処理できるように設計されています。作業する材料の長さと厚さを切断できる装置を選択するのが最善です。

機械の速度と精度も重要な考慮事項です。ウォータージェット切断機には、他のものよりも高速なものもあれば、より高い精度を提供するものもあります。特定のニーズに応じて、より速い切断速度が可能なデバイス、またはより正確な切断を実現するデバイスが必要になる場合があります。

人気のウォータージェット切断機のブランドとモデル

ウォータージェット切断機を選択する際には、考慮すべき人気のブランドとモデルがいくつかあります。人気のあるブランドには、OMAX、Flow International、Jet Edge などがあります。各ブランドは、異なる機能と機能を備えたさまざまなモデルを提供しています。各ブランドとモデルを慎重に調査して、ニーズに最適なものを決定することが重要です。

ウォータージェット切断機の購入またはレンタル

もう 1 つの重要な考慮事項は、ウォータージェット切断機を購入するかレンタルするかです。デバイスの購入は多額の投資となる可能性がありますが、定期的に使用する場合には最良の選択肢となる可能性があります。デバイスをレンタルするのは、短期間だけ使用する必要がある場合、または購入前にマシンをテストしたい場合に適しています。

ウォータージェット切断機のコスト

ウォータージェット切断機の価格は、ブランド、モデル、機能によって大きく異なります。研磨ウォータージェット切断機は、研磨粒子のコストがかかるため、純粋なウォータージェット切断機よりも高価になる傾向があります。一般に、ウォータージェット切断機の価格は数万ドルから数十万ドルの範囲です。

結論

適切なウォータージェット切断機を選択するには、切断方法、材料のサイズと厚さ、速度と精度、コストなど、いくつかの重要な要素を慎重に考慮する必要があります。さまざまなブランドやモデルを調べ、購入とレンタルの長所と短所を比較検討することで、ニーズと予算に最も適したマシンを見つけることができます。

よくある質問

Q:ウォータージェット切断とは何ですか?

A: ウォータージェット切断は、高圧の水流を使用してさまざまな材料を切断する技術です。金属、プラスチック、ガラス、石、複合材料など、ほぼすべての材料を切断できます。

Q: ウォータージェット切断はどのように機能しますか?

A: ウォータージェット切断では、小さなノズルから水を高圧で押し出します。水を研磨粒子と混合すると、より硬い材料を切断できます。コンピュータ制御の切断ツールによって切断ストリームが方向付けられ、正確かつ効率的な切断が可能になります。

Q: レーザー切断で切断できる材料は何ですか?

A: ウォータージェットは研磨剤を添加することで、金属、複合材料、ガラス、セラミック、石などを含むほぼすべての材料を切断できます。

Q: ウォータージェット切断の利点は何ですか?

A: ウォータージェット切断は精度が高く、熱影響部が生じず、さまざまな材料を切断できます。また、セットアップ時間も最小限で済むため、非常に効率的な切断方法となります。

Q: ピュアウォータージェットとは何ですか?

A: ピュア ウォータージェットは、フォーム、ゴム、ガスケット材料などの研磨剤を必要としない材料を切断するために、研磨剤を使用せずに水のみを使用します。

Q: ウォータージェットシステムとは何ですか?

A: ウォータージェット システムは、ウォータージェット技術を使用して部品を切断する機械です。これには、切断タンク、高圧ポンプ、切断ヘッド、切断パスを制御するソフトウェアが含まれています。

Q: ウォータージェット切断におけるカーフとは何ですか?

A: カーフとは、ウォータージェットによって作られる切り込みの幅です。ウォータージェットは切り口が狭いため、正確な切断が可能です。

Q: 研磨ウォータージェットとは何ですか?

A: 研磨ウォータージェットは、ガーネットなどの研磨物質を使用して切断プロセスを支援し、より高速かつ効率的に硬い材料を切断できるようにします。

Q:ウォータージェットカッターの切断精度はどのくらいですか?

A: ウォータージェット切断技術は、最大 +/- 0.003 インチの公差で高い切断精度を実現できます。

Q: ウォータージェット切断の用途は何ですか?

A: ウォータージェット切断は、航空宇宙、自動車、建築、製造などのさまざまな業界の部品の切断に使用されます。

ETCN へのお問い合わせ

表单提交
トップにスクロールします
表单提交